FC2ブログ

チェーン交換完了!

 2012-08-19
今日は昨日の続き、清掃とチェーンの取り付けをしてみた。
まずはひっくり返して後輪を外してみる。
そしてスプロケを外して掃除・・・と思ってたんだけど、良く見るとリアディレイラーがやたら汚い。
特にプーリーがすごく汚れてる感じ。
DSCF0611.jpg
外してみるとドロドロだなぁ。
まあ、チェーンはたまに掃除してたけどプーリーはほとんど掃除しないからなぁ。
とりあえず汚れを拭いて、隙間もFINISH LINEのギアフロスで掃除してやった。
DSCF0612.jpg
うむ、きれいになった!
DSCF0613.jpg DSCF0614.jpg
プーリーを掃除して、軽くパーツクリーナーを吹くだけで結構綺麗になったぜ。

次はスプロケットだな。
とりあえずクイックレバーを抜きます。
DSCF0616.jpg
そしてスプロケット外しセットを使用する。
ロックリングを外せばスプロケも外せるんだけど、そのまま回そうとしてもフリーハブのせいで一緒に回るだけ。
なのでスプロケット外し工具でスプロケットが回らないように固定して、ロックリング回し工具でロックリングを外すというわけ。
DSCF0617.jpg
スプロケットのギザギザとロックリングのギザギザが噛んでて、結構力が必要かも。
そしてスプロケを取り外してみると。
DSCF0618.jpg
これまたなかなか汚いなぁ。
まずは歯と歯の間のよごれを拭いて、その後ギアとギアの間を掃除するんだけど、ギア間はなかなか掃除するのが難しいよね。
小さい方のギア2~3枚は取り外せるけど、大きい方は全部くっついてるし。
という事で、一旦ホイールに戻して、間にウェスなどを入れて左右に動かして拭きます。
DSCF0621.jpg
で、掃除が終わったら組み付け。
ロックリングを外すときと違い、取り付けるときは供回りする事もないのでスプロケ外しは必要ない。
DSCF0623.jpg
このままぐるぐる回せば普通に締まります。
ちなみに、工具箱にブルーのロックリングのストックがあったので、交換してみた。
DSCF0624.jpg
うむ、綺麗になった(`・ω・´)

そして次はクランクの取り付けだね。
ちなみにクランクとチェーンリングは、昨日汚れを拭き取っておきました。
とりあえず軸に、サビ防止などのためにグリスでも塗っておこうかな。
DSCF0625.jpg
意味があるのか知らないけど。
まあ不具合があるわけでもないだろうし、いいや。
そしてクランクを取り付ける。
DSCF0626.jpg
次にクランクボルトを取り付けるんだけど、こいつにはかじり防止剤でも塗っておこう。
DSCF0627.jpg
使ったのはパークツールのアンチシーズコンパウンドってやつ。
ホントはロックタイトなどのゆるみ止めを使う方が良いのかもしれないけど、そんなの持ってないし。
で、このボルトを取り付ける。
先日はコッタレスクランク抜きを使ったけど、今回は普通のソケットレンチで取り付けてみよう。
使用するのは14ミリのソケット。
DSCF0628.jpg
こいつでボルトを締めていきます。
DSCF0629.jpg
で、最後にクランクキャップを取り付けて完成!
DSCF0630.jpg

さあ、あとはチェーンを取り付けるだけだ!
まずはチェーンをギアに噛ませて一周させ、つなぐ部分をフックで作業しやすくしてしまおう。
DSCF0631.jpg
で、つなぐんだけど、今回は前述してた通りミッシングリンクを使います。
DSCF0632.jpg
まずはこんな感じでセットする。
DSCF0633.jpg DSCF0634.jpg
で、リンクセッターを引っかけて、グッと開くと・・・。
DSCF0637.jpg DSCF0638.jpg
カチッとはまって、これでチェーンの接続完了!
ミッシングリンクを使うと簡単だね!


という事で、完成!
DSCF0640.jpg DSCF0642.jpg
DSCF0641.jpg DSCF0643.jpg
思った通り、チェーンリングとバッチリ色が合うねぇ。
これならブラックで揃えてたパーツも、シルバーにしてしまうのも良いかも知れないなぁ。
まあ、磨いたりするのは面倒なのでポリッシュは避けたい所だけど。
・・・お金無いからしばらくは無理だけどね(´・ω・`)


そうそう、ちなみにおれが洗車やメンテに使ってるのは普通のウェスじゃなくてマイクロファイバークロスってやつ。
おれのはコーナンで3枚2~3百円で買ったやつだけど、最近では百均とかでも売ってるね。
これはなかなか便利だぜ。
水で濡らして絞って拭くだけで、大概のよごれは落ちるし。
今日の清掃も、チェーン以外はホームセンターで200円ぐらいのパーツクリーナーとマイクロファイバークロスしか使ってないし。
今日の使用後はこんなに汚れたけど。
DSCF0645.jpg
まあでも、このあと洗濯石けんで軽く手洗いしたら結構綺麗になったし。
使い捨てにしないなら結構便利な物ですよ。


DSCF0656.jpg
フロントディレイラーも少しいじったので試走してきて、返ってきてからマンションから見えた光景。
なんか雲が落ちてきたみたいに一部分だけ真っ白になってる。
ゲリラ豪雨でも発生してたんだろうか。
スポンサーサイト



タグ :

チェーンとクランクの取り外し

 2012-08-18
さて、昨日の夜に書いたとおり、チェーンを交換しようかな。
と、思ってたんだけど、日頃の疲れが出て超寝坊をしたため、とりあえずパーツの取り外しだけ。
いやー、起きたら15時回ってて、どうしようかと(゚∀゚)

とりあえず、パーツ交換前の姿を収めておこうかな。
DSCF0589.jpg DSCF0590.jpg

DSCF0591.jpg DSCF0592.jpg
自慢のチェーンリングとクランクがカッコイイ!
けどチェーンが普通のシルバーってのが、ちょっと気になってたのよね。
これがブルー×シルバーのチェーンになるとどうなるか、今からワクテカ。

さて、まずはチェーンを切る。
使うのは当然チェーン切りとチェーンフックだね。
DSCF0593.jpg
チェーンをフックに引っかけて少したわませて・・・。
DSCF0594.jpg
カッターで切る!
チェーンを触るとやっぱり指がすげー汚くなるわ。
で、ハンドルをぐりぐり回すとピンが抜けるので、その後チェーンカッターを取り外すと・・・。
DSCF0595.jpg
キレちまったよ・・・。
あとはフックを外してチェーンを引っぱると、スプロケとかクランクとかがくるくる回りながらチェーンを取り外すことが出来た。

さて、ついでにチェーンリングとクランクも軽く掃除するために、取り外すとしますか。
DSCF0596.jpg
ウチのクランクにはクランクキャップをつけてるのよね。
クランクの根元のブルーのパーツね。
まずはこれを外さねば。
このキャップは5ミリのアーレンキーで取り外せるタイプ。
DSCF0597.jpg
なので真ん中の穴に突っ込んで、ぐりぐり回す。
DSCF0598.jpg
とれた!
すると次は、クランクを固定するボルト(クランクボルトまたはフィキシングボルト)が出てくる。
これはソケットレンチやボックスレンチでも取り外せるけど、このあとに使うコッタレスクランク抜きという工具でも外せるので、今回はそれを使おう。
これがコッタレスクランク抜き
DSCF0599.jpg
これの六角形の穴が空いてる方を、クランクボルトに取り付ける。
DSCF0600.jpg
あとはモンキーとかで回すと・・・。
DSCF0601.jpg
ぽろっと取れた。
DSCF0602.jpg
次はクランク抜きをひっくり返して、ネジ部分をこんな感じに緩めていく。
DSCF0603.jpg
で、さっき使った方と逆側に切られたネジを、さっきクランクキャップをつけていたクランクに取り付ける。
DSCF0604.jpg
奥まで入ったら、レンチ2本を使ってさっき緩めたネジ部分を締めていく。
DSCF0605.jpg
すると・・・。
DSCF0606.jpg
クランクがぽろっと取れた。
DSCF0607.jpg
スッキリしたなぁ。
明日、ここも洗うとしますか。
普段はチェーンリングがあったりで、掃除するにも手の届かない部分なのでね。
ちなみに真ん中の棒が出てるパーツ、BB(ボトムブラケット)と言うんだけど、この中にはベアリングがありグリスが満たされているので、ここに直接パーツクリーナーをかけたりオイルをスプレーしたりはしてはいけない。
グリスが流れてしまうので、かえって回転が渋くなるので。

このあと雨が降ってきたので、自転車本体の作業はここまで。
とりあえず、外したパーツを室内に持ってきた。
DSCF0608.jpg
クランクとチェーンホイールのよごれ具合を確認。
DSCF0609.jpg DSCF0610.jpg
うーん、きたねぇな。
明日はこれも洗わないとな~。
ちなみに外したチェーンは、とりあえずオイルやよごれを落とすためにディグリーザーに漬けてある。
チェーンを変えたら不要だけど、まあそんなに使ってないのでグリス漬けにして保管して、予備チェーンとしておいとこうかと。
タグ :

ピンディングペダルのその後

 2012-08-05
先日分解清掃をしたピンディングペダル、PD-A530を使ってみた。
とりあえず普通のシューズで乗った感じは、異音やゴリゴリする変な感触は感じられなかったかな?
メンテ大成功といえるかと。
実は、分解して見ても特に異変はなさそうだったので、これで直ってるか不安だったのよね。
あとはピンディングで使ってみて、それで問題無さそうならメンテ完了としておこう。

12-08-05-01
ウチの近くにある、でっかいわんこ。
ドギーマンの物流センターらしい。
タグ :

ピンディングペダル分解してみた

 2012-07-31
今日は、注文していたペダル用工具が届いたので、ちょっと分解して、軽くメンテしてみた。
頼んでいたのは、ロックブッシュ戻しという工具。
一部のシマノのピンディングペダルを分解するのに必要な工具だ。
ちなみに、おれが使ってるペダルは、PD-A530Lというやつ。
12-07-31-01
左のグレーのロックブッシュ戻しを、ペダルの根元のギザギザしたパーツにうまく差し込み、モンキーなどでぐりぐり回す。
ちなみにペダル取り付け時と同じように、左右で回す方向が違うみたい。
どちらに回せばいいのかもロックブッシュ戻しに表示されてるので、間違えないように。
しばらく回してると、軸の部分がスポッと取れる。
12-07-31-02
軸の中身は、ここ数日毎日ほどいじってる物たちと同様の、カップアンドコーン式のベアリング。
おっと、実際に分解メンテする前には、展開図を忘れずに確認しておきたい。
でないと、戻す順番を間違えて、場合によってはパーツを傷つけたりするからね。
さて、そうこうしてるうちに分解完了。
12-07-31-03
右上の銀色のが軸で、左上の黒いのが、工具の名前からするとロックブッシュとでもいうのかな?
展開図を見ると、ロックボルトとなってるけど、まあどっちでもいいや。
そして左下のがカップやコーンなど、右の茶こしに入ってるのがベアリング玉だね。
組み立て中はグリスで手がベトベトだったので、写真が撮れなかったけど、まあうまく組み立ててグリスを塗りまくったわ。
特にペダルは体重がかかる部分なので、グリス多めが良いのかな?と思いかなりたっぷりグリスアップしておいた。

実は右ペダルがちょっと前から変な感触と音が鳴ってて今日は右ペダルだけ分解整備をしたんだけど、うーん。
バラしてみた感じ、別に問題はなかったんだよね。
グリスが切れてたというわけでもないし、カップもコーンも玉も虫食いなどなかったし・・・。
まあ念のため、調達しておいた新品の玉に交換しておいたので、これで調子が直るといいなぁ。
タグ :

ホイールいじり 後輪編

 2012-07-30
しかしまあ、前輪だけで力尽きるわけにもいかん。
後輪もやってしまおうか!

さて、後輪には前輪にないこんなブツがついております。
12-07-30-23
フリーハブボディというヤツ。
これがある分前輪とは少し構造が違いそうだ。
まあとりあえずロックリングを外して軸を抜いてしまおう。
その作業中、なんかえらい汚れてる気がして指を見ると・・・。
12-07-30-24
うわ、なんじゃこりゃ!
抜いた軸を見ると理由がわかった。
12-07-30-25
グリスの色が変わっとる・・・。
前輪と違うグリスをわざわざ入れてるとも思いづらいので、これはどっかでさびてるのかな?
やべぇなぁ。
とりあえず色が違うのはフリー側なので、そっちをのぞき込んでみると・・・。
12-07-30-26
グリスが少ないのか、玉押しがなくなって上の玉が落ちてきてます。
茶こしに出してみたけど、なんか茶色い・・・。
12-07-30-27 12-07-30-28
逆側の玉と一緒にしてみると明らかに茶色いよなぁ・・・。



まあとりあえず、ここは後回しにしてフリーハブボディを外そう。
フリーハブボディは、中に固定ネジが入っており、10mmのアーレンキーを突っ込んで回せばはずれます。
12-07-30-29
取り外して、様子を見てみると・・・。
12-07-30-30 12-07-30-31
明らかに茶色い!
やっぱサビかな?
でもどこがサビてるんだろう?
洗いながら様子を見てみるけど、いまいちわからん。
まあでも、洗ったあとでのぞき込んでもやっぱりフリー側のカップは茶色い気がするなぁ。
12-07-30-32 12-07-30-33
でも、虫食いみたいな削れたところは見あたらないんだよなぁ。


さっき後回しにした玉を含む、取り外した小物も洗浄完了。
12-07-30-34
あら、玉は意外にも綺麗な物だね。
という事はやはり、問題があるとしたらカップか、もしくは全然関係ないところから貰いサビなのか・・・。
まあグリスアップして組み立て開始!
まずはフリーハブボディ内のカップにグリスを積めて、玉を並べて・・・。
そして固定ネジを入れる・・・あれ!?
はいらねぇ!
そう、順番が逆だったのです。
泣く泣く球を取り出して、固定ネジを入れてからまた玉を入れてグリスアップ(´;ω;`)
12-07-30-35
みんなも順番には気をつけてネ!
そういえば、フリー側にばかり気をとられてたけど、逆側のカップも玉押しも、まったく問題はなかったよ。
12-07-30-36
銀色のラインが綺麗に一周してた。
で、あとはこの軸を突っ込んで、前輪と同じように玉当たりを調整して完了!

もうまっくらになってきてたので写真も撮れなかったけど、後輪の玉当たりの調整はやや難航しました。
けどまあ、多分上手い事いったんじゃないかな?

うーむ、さすがにペダルより少し難しかったなぁ。
と言うか、ハブだけならそうでもないのかもしれないけど、スポークとリムがついたホイールだから、取り回しがちょっと面倒だった感じかな。

ちなみに取り外したクイックリリースとスプロケットは錆取りと洗浄が必要そう。
時間もないのでこの辺は後日かな?
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫